望まない痩せすぎで生じる思わぬ健康被害と周囲の動揺

私の職場の同僚の話です。 
彼女は元々痩せ気味で、足もきれい、ウェストもくびれがあり、肌もきれい、目もパッチリきれい系、身長こそは150台半ばでしたが、羨ましい体型でした。

しかし彼女は結婚してから更に(5kg以上は)痩せてしまいました。

原因は主に2つ、
まずは、今まで勤めていた所の仕事時間を減らし、新しくパート(知人に前々から頼まれていた)をして、慣れない生活の中でダブルワークをしたこと。
もう一つは、結婚式にあたって旦那さんの非協力や、共同生活において、旦那さんの嫌な所ばかり目に付いたり、旦那さんのお父さんと上手くいかなかったり…といった家族となった人との人間関係に悩まされた事です。

そんなこんなで、彼女はプロポーズをうけてから結婚式をするまでの一年間で激やせしてしまいました。

結婚式のドレス姿はとてもキレイでしたが、それよりもゴリっと突き出た背中の肩甲骨をみて、来場者皆、彼女の痩せすぎの心配をしました。
痩せた理由を知っていて、週三回職場で会う私すらギョッとしたのですから、久々に式で会う友人や、親戚はさぞかし心配しただろうと思います。

更に彼女の生理は半年前から止まっていました。元々不順気味ではあったようですが、ストレスと痩せによりここまで来なくなったのは初めてだそうです。

子供が欲しいので、結婚式後すぐに婦人科を受診して採血検査をしたそうですが、痩せにより血管も細くなり何回も針をさされて、とても痛かったそうです。更に痩せにより貧血気味であったので、採られている時に目の前が真っ暗になり、倒れたとの話でした。

現在、彼女はもう一つのパートはやめ、私の職場のみで無理なく仕事をやっています。

結婚式も終わり、少し落ち着き旦那さんとも折り合いをつけて上手くやれているそうで、食べ物もしっかり食べており、ようやく太れてきたそうです。
(生理の事はまだ聞けてませんが…)

現代の日本人は痩せにこだわりをもっていますが、やはり痩せすぎは健康を害するのだな、と彼女の経験より改めて感じました。

こちらもどうぞ⇒体重を増やすサプリ